先日、出題した「解答のない問題<第7章>」は皆さん、もう解かれましたか?

下記の皆様が解答にチャレンジくださいました(解答順)。

第7章は棚卸資産と売上原価。

第6章に比べてやや手がけやすかったのではないかと思います。

まだまだ、参加者募集中です(ブログで解答をアップのうえ、問題の記事にコメントいただければオッケーです)。

今からなら、超重要な第4章か、各論の第5章からがオススメです。

まだまだ全然間に合いますよ。



税理士試験突破術

財務諸表論(税理士試験)

One step at a time

税理士試験ハック!

雪だるまちゃんのブログ


ありがとうございます!

力作をご覧ください。


・税理士試験突破術「解答のない問題第7章

・財務諸表論(税理士試験)「解答のない問題<第7章>

・One step at a time「解答のない問題<第7章>

・税理士試験ハック!「財務会計講義を読む その15(解答のない問題 第7章)

・雪だるまちゃんのブログ「解答のない問題第7章を解いてみた



解答は実際に自分で作る方が、「同じ時間をかけるなら」模範解答の文章を覚えるよりも理解が進み、間違いなく記憶に残ります。

ブログ記事にするのは手間ですが、手間をかけた分、単純な復唱等で「同じ時間をかけるより」効果的です。

作られた模範解答を覚えるだけでは全く「応用力」はつきません。

丸暗記が合理性を持つのは、実際の出題がベタ書(〜について述べろ)のケースだけです。

財務諸表論の今年の出題を見る限り、来年も小刻み、かつ、横断的な出題が中心が多くを占めるでしょう(出題のポイントを見る限り確定)。

これに対処するには、普段からある程度、自分で解答を作る(考える)のがよいです。

ここにある解答例はあくまでも実際に解答をつくった後の参考です。



でも、小刻みはよいとして横断に対する対処は?

これは極めて難しい課題です。

さらにマズイことに平成22年までは2問中1問は割りと分野に留まっていた感が強いですか、平成23年の出題は両問ともバラバラ感(横断感)満点です。

今年の出題で同一の傾向が続く可能性は極めて高いです(というかそうでしょう)。

これに対処するするために解答のない問題は進化します。

ちょっと進化し過ぎて別のものになりました。

会計人コース4月号付録での発売が決定いたしました(パチパチ)。

財務諸表論の理論革命ですよ(←大げさな)。

これで財表の理論が好きになって、試験に合格する方が必ずいると確信しています。

そもそも文章丸暗記なんかより全然楽しいですよ。

ご期待ください!



本試験でその効果を存分に試せるのは、解答のない問題に実際に取り組んでだ方だけだと思っています。

いや、これは乗っかっとくしかないですよ。

お客さん(←誰?)。

また、解答を作った方がいらっしゃいましたらお教えいただければ幸いです。

よろしくお願い致します!