これは私も受験生時代に若干、勘違いしていましたが、税理士試験の全科目を通じて過去問は早目に検討した方がいいですね。
まずは、試験傾向を知ることがすごく大事です。

税法の一部(地方税)の理論なんかは相変わらずベタ書の問題が出ると聞きます。

逆に法人税なんかはもう暗記は通用しないという話を聞きます。

要は科目によって傾向がかなり違うのでご自分の受験科目の過去の出題を早期に検討しておくことはとても重要です。



このブログのメインである簿記論、財務諸表論については、もちろん早期に検討した方がいいです。

中でも簿記論の第一問、財務諸表論の第一問・第二問は早くからじっくり検討する価値が大です。

いずれも本年の試験に絡むであろう試験委員の出題です。

ほぼ同傾向の出題があると考えて間違いありません。



冒頭の私がしていた勘違いは、本試験の問題を力試しにとっておいた方がよいのではないかというものです。

これは今、断言できますが、早くみたほうがいいです。

既学習項目であれば、解いてみましょう。

きちんと解いて、じっくり検討する。

それが学習の方向性の確認にもなります。

まだ学習していない項目を眺めるだけでもいいんです。

まずは過去問としっかり向き合う。

それが大事です。


まだの方は、ぜひチャレンジしてみてください。