このところ何人かの自分の受講生ではない財務諸表論の受験生の方と話して気づいたことがあります。

それは会計法規集を使うことに対する大きな誤解。

トータルの学習時間についてです。
会計法規集を使いこなすには確かに時間がかかります。

特に入り口のハードルが高いので、かえって時間がかかると勘違いしている方が多いようです。

しかし、逆です。

入り口の負担は大きく、最初は時間がかかることを私が薦めるのは、それがトータルの学習効率がよいと思うからです。

まあ、初期ハードルが高いので指導する側も正直にいうと大変です。

めんどくさいですしね(←めんどくさい言うな)。

質問を受けて、ただ答えればいいところを基準があればそれを示します。

でも、私はそれが仕事だと思っています。

めんどくさがらずに法規集にあたっているとある時期から単独でも拾いながら読めるようになってきます。

そうなると強いですよね。

計算と理論がつながりやすく、それ自身が様々な出題形式(穴埋め、文章題、計算等)に対応できる対策になってるわけです。

いや、違うな。

もともと会計基準から出題してるんだからそれを読むべきってのが本当ですね。

いずれにせよ、強くないハズがありません。

本当に会計法規集を利用しないのはもったいないです。

はい。



法規集を読まなくていいという場合は、計算や理論のテキストにその記述はバラバラにあるのでそれでいいってことだと思います(本音を言えば、全く意味がわからず、受験生の足を引っ張っているのかと勘違いします。)。

しかし、すごく頭がよくてそれらが自分の中で勝手にリンクするなんて方はいいんです(私は無理です)。

また、日商一級に合格しているとか、すでに会計の知識が先行してある方もでしょうか。

でも、そうでない方はいつまでも計算と理論(さらにその中でも)の知識がバラバラのままでしょう。

バラバラとまでいかなくても、おそらくは両方で頻繁に出てくる項目がかろうじてつながる程度でしょう。

多くの項目は、理論は理論、計算は計算で平行線をたどったまま。

これでは長期的な学習効果が全く見込めません。

短期的に一見効率がよさそうなことを行っても(記述は記述、穴埋めは穴埋め、計算は計算)、最終的な効率は別にあるハズですから、最後にしわ寄せがくると思います。

最後に時間がなくて、穴埋めの穴だけおさえるとか、応用問題の解答を覚えるなんていう何だか全く効果のないことに走ってしまうわけです。



もっと大きいのがその後。

もちろん会計法規集を読み込んだからといって合格する保証はありません。

残念ながら不合格ということもあるでしょう。

でも、そんなときの再受験時の出発点がまるで違います。

同じもの(会計基準)を頻繁に見るというスタイルのため、理解が深まるのが大きいのでしょう。

2年目以後の合格率の違いを実際に数字でみてみたいくらいです(これはかなり違うハズです)。



それがそのまま税法学習でも継続するように思います。

同様のスタイルがとれれば税法学習でも強いでしょう。

もちろんそれは合格後も同じこと。

受験を離れれば意味があるのはテキストなんかではなく、会計基準や税法でしょう。

あっ、会計法規集と税法のススメになってますが、まいっか。



会計法規集なんか使ってるとかえって時間がかかるんじゃね。

そんな疑問に対する回答でした。

もうそろそろ時期的にラストチャンスでしょうか。

まだの方は、ぜひご検討ください。