【総合問題演習】
今月学習した内容の項目を中心とした30分程度の総合問題を2〜3題程度選んで、繰り返し解きましょう。

(1)1回目は、時間を気にせず(ただし計る)最後まで解く→間違えた部分の「テキスト等」での確認
あくまでも確認するのは、知識であって、問題が解けさえすればよい訳ではないことを意識するとよいと思います。

(2)2回目以降は、時間を意識する。
確認するのは基礎・応用期では、あくまでも知識ですが、効率的な問題の解き方も模索する必要があります。
そのためには、「同じ問題」を解き方(手順、方法等)を変えて何度か解くのが効果的だと思います。

(3)完答(白紙から最終値まで)・制限時間の7割程度で打ち止めでいいと思います。
この時期の30分問題は、白紙から完答が絶対必要です。
中途半端に2問解くなら、白紙から最終値までを1問の方がいいと思います(いや、多い方がいいですが)。


・平成24年 簿記論講座<一覧>