財務会計講義、読んでますか?

今回は、キャッシュ・フローの区分表示についてです。

キャッシュ・フロー計算書は、企業の活動区分ごとに表示されます。

営業、投資、財務の各区分です。

営業活動は企業の平常ベースでの本業、これと資金をドーンと使ったとき(投資)と資金をドーンと調達したとき(財務)とをきっちりと分けている点がポイントでしょうか。



【試験との関連】

直近では平成21年に出題されています。


【ポイント】


・キャッシュ・フローの活動区分

・利息と配当の表示

キャッシュ・フロー計算書は、企業の活動区分ごとに表示されます。

営業活動、投資活動、財務活動の3区分です。

営業活動は、主たる事業に関連する活動です。

投資活動は、設備投資、証券投資、融資に関する活動です。

財務活動は、資金の調達と返済活動です。


利子と配当の表示は、次のいずれかの方法によります。

(1)損益計算に含まれる項目(受取利息、受取配当金、支払利息)については、営業活動区分に記載し、支払配当金を財務活動区分に記載する。

(2)受取項目(受取利息、受取配当金)は投資活動区分に記載し、支払項目(支払利息と支払配当金)を財務活動の区分に記載する。



【キーワード】

・営業活動、投資活動、財務活動


財務会計講義を読もう!<目次>