皆さん、簿記の問題、解いてますか?

学習スタイルは様々だと思いますが、簿記の学習で問題を解くことは不可欠です。

ただ、それはアウトプットとして大事なのではなく、インプットとして大事な点は意識すべきでしょう。

本来はテキストを読んだり、講義を聞いたりといったインプットだけではなかなか確実でなく、書く等の作業を伴った行為が記憶をより強化するからです。

そんな意識がないと問題を解ければよいという方向に走りがち。

問題は解ければよいわけではなく、解けなければダメなわけでもありません。

ただのインプット素材です。

実際の本試験以外は、すべてといっても過言ではありません。

気持ちの面では問題の出来(点数等)が気になるのも分かりますが、大事なのはしっかりしたインプットをアウトプットを通じて行うことです。

そんな質の問題演習をめざしましょう!



【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)



【要チェックポイント】
(1)「原価率・利益率」と「付加率」の関係
(2)原価率の算定と値引等の関係(売上・値引割戻は控除しない)
(3)他勘定振替高

原価率・利益率、付加率
(1)原価率の算出
(ア)原価率=原価/売価
(イ)利益率=利益/売価
(ウ)付加率=利益/原価
※原価率算出には、ボックス図を利用しましょう!

(2)返品等の取扱い
原価率の算定上は「売上値引・割戻」の控除前
純売上高からは「売上値引・割戻」を加算

(3)他勘定振替高
(ア)事由
火災損失、自家消費、盗難損失、見本品など

(イ)仕訳処理
(借)火災損失等×××(貸)仕  入×××

(ウ)損益計算書上の表示
売上原価
 期首商品棚卸高  200
 当期商品仕入高1,000
      計    1,200
 他勘定振替高   100
 期末商品棚卸高  300  800


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
基本 基本編31(○)
基本 ○×編30(○)
基本 ○×編31(○)
基本 細目編9(◎)




・平成24年 簿記論講座<一覧>