財務会計講義、第3章の後半の問題をつくってみました。

第3章は第1章や第2章と比べると試験的な重要性も高く、問題の数も多くなっています。

財務会計講義を参照してそれぞれ長くて2〜3行(←これ大事)で解答をつくってみてください。

とっても力がつきます。


これまでの問題はこちらをご参照ください。

解答のない問題<第1章>
解答のない問題<第2章>
解答のない問題<第3章その1>
4 明瞭性の原則
問3−18★★ 明瞭性の原則の意義について述べなさい。

5 継続性の原則
問3−19★★★ 継続性の原則の意義について述べなさい。

問3−20★★☆ 継続性の原則が成立する前提を説明しなさい。

問3−21★★ 1つの会計事実について複数の会計処理が認められている理由を説明しなさい。

問3−22★★★ 会計処理に継続適用が要請される理由を述べなさい。

問3−23★★ 継続性の原則のもとで会計方針の変更が行われる場合を2つ説明しなさい。

問3−24★★ 継続性の原則による正当な理由に基づく変更の要件を2つ簡潔に説明しなさい。

問3−25★★ 会計処理方法を変更した場合の比較可能性を回復させるための対策を2つ述べなさい。

6 保守主義の原則
問3−26★★ 保守主義の原則の意義について述べなさい。

問3−27★★ 保守主義の原則にいう健全な会計処理の意味を述べなさい。

問3−28★☆ 保守主義の適用例を簡潔に指摘しなさい。

問3−29★☆ 保守主義の限界について述べなさい。

7 単一性の原則
問3−30★ 単一性の原則の要請内容について簡潔に説明しなさい。

7 重要性の原則
問3−31★☆ 重要性の原則の意義について簡潔に述べなさい。

問3−32★ 重要性の原則の会計処理に関する適用例について簡潔に述べなさい。

問3−33★ 重要性の原則の表示に関する適用例について簡潔に述べなさい。

第5節 会計情報の質的特性
1 意思決定有用性
問3−34★ 財務報告の目的と意思決定有用性との関係について述べなさい。

2 有用性の構成要素
問3−35☆ 比較可能性について簡潔に述べなさい。