財務会計講義、第2章の問題をつくってみました。

解答はありません。

財務会計講義を参照してそれぞれ長くて2〜3行(←これ大事)でぜひつくってみてください。

ホントに力つきますよ。


第1章の問題はこちらをご参照ください。

解答のない問題<第1章>

非常によくできている(=はなまる)解答は「struggle, No Progress.」様のこちらの記事をご参照ください。

ただし、解答はご自分でつくる方が力がつくのであくまでもご参考です。

財務会計講義を読む(その3)

第2章 利益計算の仕組み
第1節 企業活動と財務諸表
問2−1★ 貸借対照表を中心に損益計算書の構造を説明しなさい。
問2−2★ 損益計算書を中心に貸借対照表の構造を説明しなさい。

第2節 複式簿記の構造
1〜4(2) 略
(3)財務諸表の作成
問2−3★ 誘導法と棚卸法とは何か説明しなさい。
問2−4★ 損益計算書とは何か簡潔に説明しなさい。
問2−5★ 貸借対照表とは何か簡潔に説明しなさい。
問2−6★ 貸借対照表において債務弁済能力を示す工夫を説明しなさい。

第2節 利益計算と財務諸表
1 損益法と財産法
問2−7★☆ 利益計算方法としての損益法と財産法について説明しなさい。
問2−8★ 損益法と財産法の特徴について説明しなさい。
問2−9★☆ 収益費用観とそのもとでの貸借対照表の位置づけを説明しなさい。
問2−10★☆ 資産負債観とそのもとでの貸借対照表に計上される資産と負債について説明しなさい。
問2−11★☆ クリーン・サープラス関係について説明しなさい。
問2−12★☆ その他有価証券の時価評価差額を純資産(資本)直入している状態から純資産と包括利益のクリーン・サープラス関係を回復する方策について述べなさい。