財務会計講義、読んでますか?

今回もまだ、簿記の内容が続きます。

読んでおいて損はないですが、財表の理論で出題される感じではありませんね。

このスキに通読ないし、第1章(はじめから)、第4章の精読(大事なとこ)の精読なんていいかもしれません。

計画的に読めている方はそのまま継続しましょう。

トータル、どれだけ触れられるか(触れる工夫をすることができるか)が勝負です。

がんばってまいりましょう!


さて、今回は、取引の記録と集計についてです。


3 取引の記録と集計

【試験との関係】

簿記の基礎です。


【ポイント】

<簿記の手順>取引の識別→仕訳帳→元帳→試算表→決算整理→財務諸表

企業は、帳簿を利用して、取引の記録と集計を行います。

通常は次のような手順で行われます。

取引の識別→仕訳帳→元帳→試算表→決算整理→財務諸表


【キーワード】

簿記の手順



財務会計講義を読もう!<目次>