退職給付債務とは、一定の期間にわたり労働を提供したこと等の事由に基づいて、退職以後に従業員に支給される給付(以下「退職給付」という。)のうち認識時点までに発生していると認められるものをいい、( ア )により測定される。
年金資産とは、( イ )に基づき退職給付に充てるため積み立てられている資産をいう。
過去勤務債務とは、退職給付水準の改訂等に起因して発生した退職給付債務の( ウ )部分をいう。なお、このうち費用処理(費用の減額処理又は費用を超過して減額した場合の利益処理を含む。以下同じ。)されていないものを未認識過去勤務債務という。
数理計算上の差異とは、(1)年金資産の期待運用収益と実際の運用成果との差異、(2)退職給付債務の数理計算に用いた見積数値と実績との差異及び(3)見積数値の変更等により発生した差異をいう。なお、このうち費用処理されていないものを未認識数理計算上の差異という。


問1 空欄に該当する語句を答えなさい。

問2
1.退職給付の性格に関する退職給付に係る会計基準での考え方の名称を答えなさい。
2.上記1.の考え方をとった場合は、退職給付引当金の設定は発生主義の原則により根拠付けられます。費用の認識における発生の意味を狭義と広義の別に説明しなさい。
3.上記1.の考え方に基づく基準の退職給付発生額を見積る方法を簡潔に説明しなさい。

問3 次の金額を算式で示しなさい(いわゆる遅延処理項目を考慮する必要はない。)。
1.期末退職給付引当金
2.退職給付費用

問4
1.退職給付債務がいわゆる現価方式により算定される理由を簡潔に説明しなさい。
2.退職給付債務の計算上の割引率の決定方法を簡潔に述べなさい。
3.退職給付引当金は投資の成果を測定した結果として付される測定値であり、負債の測定値として独立した意味を持たないと考えられます。同様に資産の測定値としての独立した意味を持たない項目を指摘しなさい。

問5
1.年金資産の評価額を示しなさい。
2.年金資産を独立の資産として表示することとしなかった理論的な根拠を述べなさい。

問6 過去勤務債務について、遅延認識が行われる理由を説明しなさい。

問7 下線部(1)から(3)のうち数理計算上の差異を遅延認識する根拠となり得るものを番号で指摘しなさい。

問8 退職給付に係る会計基準での数理計算上の差異の費用処理に対する考え方を2つあげ、それぞれを簡潔に説明しなさい(基準で採用する考え方を先に示すこと。)。
問1
ア 割引計算 イ 企業年金制度 ウ 増加又は減少

問2
1.名称:賃金後払説
2.狭義:経済的価値の消費
  広義:経済的価値の消費とその原因事実の発生
3.勤務期間を基準として決定する。

問3
期末退職給付引当金=期末退職給付債務−期末年金資産
退職給付費用=勤務費用+利息費用−期待運用収益相当額

問4
1.支払いまでの期間が長期におよぶため
2.安全性の高い債券の利回りを基礎に決定する。
3.工事進行基準を採用した場合の完成工事未収入金

問5
1.期末の公正な評価額
2.年金資産が退職給付の支払いのみに使用されるため

問6
理由:給与水準の改定が勤労意欲の将来的な向上を期待する面があるため

問7
(3)

問8
1.基準が採用する考え方:重要性基準
  内容:計算基礎の決定にあたり重要性による判断を認める方法
2.それ以外の考え方:回廊アプローチ
  内容:厳密に計算し、差異に許容範囲を設ける方法