税効果会計の整理しておきたい項目です。
(1)法人税等の性格

まずは、法人税等の性格が費用である点を確認しておきましょう。

法人税等を費用とみる考え方のもとで税効果会計の適用があります。



(2)税効果会計の目的

基準の第一を中心に整理しておきましょう。

基準の第一は、穴埋めの出題としても想定しやすいです。



(3)税効果会計の方法

税効果会計の方法には、資産負債法と繰延法とがあります。

それぞれを簡単に説明できるようにするとともに基準で採用されている資産負債法の採用根拠をおさえておきましょう。



(4)繰延税金資産の資産性・繰延税金負債の負債性

繰延税金資産・負債は、静態論的には、資産性・負債性を持ちません。

その意味で資産性、負債性を概念フレームワーク(資産負債観)だけでなく、収益費用観(動態論)や静態論のもとでもまとめておきましょう。

繰延資産についても対比する形で整理しておきましょう。



(5)繰延税金資産の回収可能性

繰延税金資産については、その回収可能性に要件が付されています。

3要件を整理しておきましょう。