退職給付のまとめておきたい項目を整理してみました。

皆さんもA4で1枚程度にまとめてみましょう。
(1)退職給付の意義と性格

退職給付の意義と性格(賃金の後払い)を整理しておきましょう。

平成17年に退職給付が出題されています。

退職給付に関する予備知識として目をとおしておくとよいでしょう。

そこでは退職給付の性格もクローズアップされていました。

そこから「発生」につなげたのが平成17年の出題です。

過去の出題が取り上げられるときには、出し直しに近いときと、前回とは違う形での出題が考えられます。

最近では、平成19年のソフトウェアの出題は、前回の出し直しに近いものでした。

出題されるのであれば前回とはやや違う形での出題がなされる気がします。

前回との違いを確かめる上でも平成17年の出題を確認しておきましょう。



(2)退職給付債務

退職給付債務の意義と割引計算がなぜ行われるのかを整理しておきましょう(支払いまでが長期)。

退職給付債務は、退職給付見込額のうち当期末までに発生した金額を割引計算して計算します。

計算の仕組みを簡単におさえておきましょう。



(3)年金資産

年金資産の評価額とその表示方法を整理しておきましょう。

特に年金資産の表示は独特です。

年金資産が退職給付のみに使用されるための特殊な取り扱いです。

退職給付費用の算出も独特です(勤務費用+利息費用−期待運用収益)。

これとともにおさえておきましょう。



(4)過去勤務債務と数理計算上の差異の遅延認識

過去勤務債務と数理計算上の差異は、発生時に一時に処理するのではなく、基本的には、次期以後の期間にも影響させます。

その理由とともに取り扱いをしっかりとおさえておきましょう。



(5)数理計算上の差異の処理方法

数理計算上の差異の処理方法には基準で採用されている重要性基準と回廊アプローチがあります。

それぞれの方法と基準で重要性基準を採用している理由を中心に整理しておきましょう。