概念フレームワーク、読んでますか?

今回は、利用の事実に着目した費用の測定についてです。
(1)意味

利用の事実に着目した費用の測定は、資産の消費や価値の減耗に基づいて費用をとらえる方法です。

棚卸資産の費用配分や有形固定資産の減価償却を考えましょう。

いずれも事業用の資産に適用されます。



(2)測定値

費用の額は、資産の減少額で測定されます。

(借)減価償却費×× (貸)備  品××


全部が消費されてしまう場合は、原始取得原価で測定されます。

(借)消耗品費×× (貸)現金預金××



(3)繰延費用の計上

一般的には費用であっても資産計上される場合がありました。

繰延資産です(企業会計原則注15参照)。

財・サービスが消費されていても、資産の定義と認識測定の要件を充足すれば、資産として計上されることもあります。



(4)費用配分

資産の取得原価(原始取得原価)を利用期間に配分するのが費用配分です。

費用配分の典型が固定資産の減価償却でしょう。

減価償却は、固定資産の取得原価の計画的・規則的な費用配分です。

なお、減価償却の計算には耐用年数や残存価額に見積りが不可欠です。

見積りの誤りが判明したらこれを補正する必要があります。


そうだ、会計基準を読もう!(利用で費用を測定するのは費用配分のケースです)



会計基準を読もう!!<目次>