概念フレームワーク、読んでますか?

今回は、市場価格の変動に着目した費用の測定についてです。
資産負債の市場価格の不利な変動に着目した測定値です。

資産であれば、市場価格が下落したときです。

負債であれば、市場価格が上昇したときです。

いわゆる金融投資のように換金(決済)が可能で、換金(決済)に制約がない資産負債は、資金の回収と再投資が繰り返されているとみることもできます。

売却してまた買ったとみることができるようなケースですね。

その典型が売買目的有価証券などの金融商品です。



このような場合は、市場価格の変動によって投資の成果が生じたと考えられます。

この場合における費用は、一会計期間中に生じた市場価格の下落により測定されます。


そうだ、会計基準を読もう!(金融商品を時価評価する場合が典型です)



会計基準を読もう<目次>