税理士試験では、過去問との付き合い方が検定試験とやや違うように思います。

それは特に計算で極めて難しいものがあるからです。

昨年の出題との接し方を考えてみました。
本年に出題が予想される試験委員の出題と思える出題は検討の価値があります。

特に学者出題の問題ではこの傾向が強いかもしれません。

簿記論では、平成20年の第二問(かな)と平成21年の第一問と第二問です。

財務諸表論では、平成20年と平成21年の第一問です。

とはいうものの分野としてはずらしてくる可能性が高いですので、あくまでも傾向の話です。

解きまくるというよりは、検討する感じでしょうか。

昨年の簿記論は微妙すぎますが(難易度高すぎ、量多すぎ)、財務諸表論は傾向を知る上でじっくり検討しておきたいところでしょう。

穴埋めやどんな聞き方をしているかの傾向を知っておく必要があります。



第三問の計算は簿記論、財務諸表論ともに昨年の出題と傾向が近い出題のことがあります。

近くないこともあります。

まあ微妙ですが。

近い場合のことを考えると解いておく価値ありです。

自分の受験科目の第三問は意識して何度か解き直しておきましょう。

傾向が近い出題であった場合には、大きな差につながります。