退職給付基準のまとめです。

(1)退職給付と退職給付債務
1.退職給付の意義と性格(一1、意見書三1)
退職給付とは、労働を提供したこと等の事由に基づいて、退職以後に従業員に支給される給付をいい、賃金の後払いの性格を有する。

2.退職給付債務の意義と計算(一2)
退職給付のうち認識時点までに発生していると認められるものをいい、退職給付は支出までに相当の期間があることから貨幣の時間価値を考慮し、割引計算により測定する。


(2)年金資産
1.定義(一2)
企業年金制度に基づき退職給付に充てるために積み立てられている資産をいう。

2.年金資産を独立表示しない理由(四4)
年金資産は退職給付の支払いのみに使用されることが制度的に担保されており、他の収益獲得に貢献する一般の資産と同様に表示することには問題があることから、退職給付引当金の計算上、控除することとされる。


(3)過去勤務債務と数理計算上の差異の遅延認識の理由
1.過去勤務債務(意見書四3)
過去勤務債務の発生要因である給付水準の改定等が従業員の勤労意欲が将来にわたって向上するとの期待のもとに行われる面があるためである。

2.数理計算上の差異(意見書四3)
数理計算上の差異には予測と実績の乖離のみならず予測数値の修正も反映されることから各期に生じる差異を直ちに費用として計上することが退職給付債務を忠実に表現するとはいえないためである。

(4)数理計算上の差異の取扱い
1.回廊アプローチ(四4)
退職給付債務の数値を毎期末時点において厳密に計算し、その結果生じた計算差異に一定の許容範囲を設ける方法である。

2.重要性基準(四4)
基礎率等の計算基礎に重要な変動が生じない場合には計算基礎を変更しない等計算基礎の決定にあたって合理的な範囲で重要性による判断を認める方法である。

3.基準の考え方(四4)
退職給付債務が長期的な見積計算であることから、重要性による判断を認めることが適切と考えられるため、重要性基準の考え方によることとした。