財務諸表論の理論では、冒頭に文章があって、その穴埋めをさせる出題が一般的です。

昨年の第一問では、この穴埋めにちょっとした変化がありました。

過去2年の第一問の穴埋めに注目してみましょう。
平成20年は、企業結合基準からの出題でした。

これに対して、平成21年(CF計算書)の出題は基準にある文章やその要約ではなく、まったくの「作文」でした。

基準の穴埋めであれば、正解の語句以外はバツにできるので、採点もラクです。

しかし、出題、そして採点にも手間のかかるのが「作文」です。

初年度から2年目にかけて変化している理由はよくわかりません。

考えられる理由としては次のような点でしょうか。

きちんと考えるのではなく、単なる穴埋め対策的な学習を嫌った。

初年度の穴埋めの出来がよかったので難易度をあげた。

いずれにせよ3年目は基準そのままの出題ではないと考えるのが自然といえそうです。

この点、基準の単純な穴埋箇所の暗記は効果が低いことを自覚しておく必要があります(基準が重要でないということではありません)。

作文での出題を想定しておく必要があるでしょう。

もっとも平成21年の出題のできはたぶんよくなかったので、難易度は少し下がるのではないかと予想しています。



とはいってもこれに対する対策はなかなかやっかいです。

きちんと学習するということに尽きるでしょう。

やや手間のかかる出題は、単なる暗記にすぎない学習ではなく、受験生に対してきちんとした学習を行うべきことを要求しているように思えます。

きちんと問題文を読み、解答しないとなんとなく覚えているだけでは解答できません。

普段の学習でもそのことを意識したいところです。