平成22年の財務諸表論(理論)の出題をなさるのは3年目の今福愛志先生と初年度の山田康裕先生です。

ある程度の予想が可能なのは過去の出題の今福先生の出題でしょう。

過去出題を担当された今福先生の出題を特定しておく必要があります。
とはいっても正式なアナウンスはありませんので、実際の出題や出題のポイントから想像するしかありません。

出題の形式や特徴を考えるとこれまでの過去2年の第一問が今福先生ではないかと考えます。

過去2年の第一問の特徴を考えてみるのが有益でしょう。



過去2年の第一問は、平成20年が企業結合、平成21年がキャッシュ・フロー計算書です。

企業結合、CF計算書という出題項目から考えて、未出題の構造論点である連結は想定しやすいでしょう。

実際に出題されるかはともかく、税理士試験だから連結はないだろというような思い込みはやめて、対策はとっておくべきでしょう。



もう一点、昨年のCF計算書の出題での最後の小問で資産除去債務が問われた点をどう見るかの問題がありそうです。

キャッシュ・フローから資産除去債務という出題の仕方は、やや違和感が残ります。

もう少しいえばちょっと余計だった感じがどうしてもぬぐえません。

無理に付け加えた?というのはいいすぎかもしれませんが、これを平成22年の出題予告に近いものとみる見方もあるかもしれません。

実際にあるかはこれもわかりませんが、資産除去債務も対策をとっておくべきでしょう。



連結、資産除去債務ともにノーマークでは出題されたときに想定されやすい分だけ差がつく可能性があります。

未学習の方は対策をとっておきましょう。

ただ、第一問予想への道での本命ではありません。

予想への道、もう少し続きます。