最近のマイブームは財務諸表論第一問予想です。

「第一問予想への道」と題してシリーズでお届けします。

このシリーズを読んで、自分の予想を持って本試験に挑みましょう。
まず、これまでの出題を振り返っておきましょう。

平成21年 第一問 CF計算書基準
平成21年 第二問 棚卸資産基準
平成20年 第一問 企業結合会計基準
平成20年 第二問 ストック・オプション基準
平成19年 第一問 純資産会計基準等
平成19年 第二問 研究開発費基準

過去3年を振り返ったときの指摘すべき大きな特徴は次の点でしょう。

それは、切り口の問題があるにせよ、事実上、会計基準があるテーマが選ばれている点です。

実際の出題では基準に必ずしも記述のない理論的な点も出題されています。

しかし、会計基準を軸に学習していると点が伸びるであろう傾向が続いています。

そして、この傾向が続く可能性は極めて高いでしょう。

1問で会計基準メインではない出題の可能性は残ると思います。

たとえば資産や負債といった切り口や総論の類等です。

しかし、学習の方向性としては基準を重視して当然なハズ。

まずは、いずれ(第一問、第二問)であるにせよ、会計基準を重視した学習が必要である点を強く確認しておきたいと思います。