最近、「脳を活かす勉強法」でおなじみの茂木健一郎(脳科学者)さんの著書のご紹介が続きました。

脳は喜ぶときにドーパミンという物質を出すそうです。

そのドーパミンが出ることでより脳が強化される、つまりは頭がよくなる訳です。

じゃあドーパミンを出せばよいのですが、自分の意思では出せません。

残念です。

その代わりに簿記でどんなときにドーパミンが出ているのかを考えてみました。

(1)気分よく問題を解いているとき

なんか調子がよくて問題が比較的ガンガン解ける状態のときがあります。

こんなときはきっとドーパミンがでているときです。

そのまま調子よくいきましょう。

逆に気分がのらないときはきっとドーパミンはでていません。

気分転換をはかるか、ちょっとやさしい問題に戻るとよいでしょう。


(2)問題を解いて、答えをみたら合っていて思わずニヤッとしたとき

これはきっとドーパミンでてます。

これに「よしっ!」という声とともにガッツポーズが入るときは大目に出ています。

ドーパミンの量は、「よしっ」の音量に比例します(たぶん)。


(3)これまでわからなかったことがわかったとき

これまで意味がわからなかったことがふとした瞬間にわかることがあります。

頭の中で「!」という符号が出ているのではないかと思えるときです。

思わず手を三回たたいて、ひざを打ちたくなる瞬間です(←そんな人いません)。

ドーパミンは大量放出されています。

ドーパミンの量は、「!」の数に比例します(きっと)。


みなさんは、ドーパミンでてますか?