(問題)創立費及び開業費の原則的取扱いは?

(解答)
















費用(営業外費用)

(コメント)
創立費及び開業費は原則として当期の費用(営業外費用)として処理されます。
ただし、繰延資産計上が可能です。
この場合は、会社成立(開業)から5年以内に定額法で償却します。

(会計基準)
繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い3


財務会計講義(第14版)
・創立費と開業費212頁