講 師:「もう一つ処理の分岐があるんだ。」

モン吉:「また枝分かれですか。」

講 師:「でもそんなに大きな話じゃないから、ちょっと具体的な処理でみておこう。」


(手許商品区分法:その都度法)
仕入:(借)仕   入160 (貸)現   金160

引渡:(借)試 用 品160 (貸)仕   入160

意思:(借)売 掛 金120 (貸)試用品売上120

      仕   入 80    試 用 品 80


(手許商品区分法:期末一括法)
仕入:(借)仕   入160 (貸)現   金160

引渡:(借)試 用 品160 (貸)仕   入160

意思:(借)売 掛 金120 (貸)試用品売上120

決算:(借)仕   入 80 (貸)試 用 品 80


(期末一括法)
講 師:「一番最後の処理を買取意思表示(つまりは売上)のつどやるか期末に一括してやるかの違いがあるんだ。」

モン吉:「でも、混乱します。」

講 師:「そうだね。まずはゆっくりでもいいから期中処理を追うことで決算整理前の金額の意味がわかることが大事だと思うよ。」

モン吉:「覚えちゃダメなんですか?」

講 師:「覚えて忘れないならいいけど、いろんな処理が出てくるとかえって忘れやすいし、誤処理や未処理が絡んだ問題で対処が難しくなると思うよ。」

モン吉:「処理を追うのが面倒です。」

講 師:「それは分からないでもないけど、結局はその方が近道だから言ってるのさ。」

モン吉:「そんなもんかなあ。」

講 師:「そんなもんさ。もう一度、一連の処理をよく見比べてごらん。」

モン吉:「みてますけど。」


(その都度法と期末一括法の違い)
講 師:「その都度法と期末一括法の違いは何だろう?」

モン吉:「仕入/試用品の仕訳をその都度やるか、決算でやるかの違いです。」

講 師:「そのことをすごく意識していれば、両方法の決算整理前の金額の違いもわかるよね?」

モン吉:「そういわれればそうですけど。」

講 師:「その都度法の決算整理前の仕入勘定は、当期の純仕入−当期試送高+試用品売上原価だね。」

モン吉:「そうです。」

講 師:「期末一括法の仕入勘定は、当期の純仕入−当期試送高だよね。」

モン吉:「試送品売上原価を足してるかどうかの違いですね。」

講 師:「そうだよ。そのことを踏まえて仕入勘定と試用品勘定のボックスを2個書いて不明金額を貸借差額で算出するようにすれば、アプローチできない問題はないハズさ。」

モン吉:「ボックス図は2個になるんですか?」

講 師:「対照勘定法のときは、仕入勘定に試用品の仕入も入ってるからボックスは1個でいいけど、手許商品区分法は、仕入勘定から区別する方法だからね。」

モン吉:「対照勘定法では1個、手許商品区分法では2個のボックス図もそう考えると自然ですね。」

講 師:「そんな感じの理解がいいね。」


モン吉くんと学ぶ試用販売(10)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>