平成20年度からの出題が予想されそうな改正点です。
※とりあえず棚卸資産基準とリース会計基準の概要のみです。
随時、補充していきます。

<棚卸資産基準の適用>
(1)適用時期
強制適用:平成20年4月以後開始事業年度より
早期適用:あり

(2)低価基準の強制
棚卸資産の評価に低価基準が強制
原価と時価(正味売却価額)の低い金額で評価

(3)評価損の表示
評価損は売上原価
臨時、かつ、多額な場合が特別損失

(4)試験への対応
事業年度のある出題では3月決算が多いので、旧制度での出題も考えられます。
今年は両にらみ(旧基準メイン?)という感じでしょうか。
財表の理論は要注意です。


<リース会計基準の改正>
(1)適用時期
強制適用:平成20年4月以後開始事業年度より
早期適用:あり

(2)所有権移転ファイナンス・リース取引の賃貸借処理の廃止
所有権移転ファイナンス・リース取引について賃貸借処理

(3)試験への対応
事業年度のある出題では3月決算が多いので、旧制度での出題も考えられます。
今年は両にらみ(旧基準メイン?)という感じでしょうか。
財表の理論は要注意です。