(手許商品区分法・その都度法:決算整理前の残高試算表)
講 師:「実際の出題では決算整理前の試算表が与えられる場合が多いね。」

モン吉:「そうなんですよ。なんかこの金額って何?っていつも思っちゃいます。」

講 師:「でも、決算整理前の試算表の金額は、期中処理を積み上げたものだから期中処理がしっかりしてさえいれば、ゆっくりでも意味はわかるハズだよね。」

モン吉:「そうなんですけどー。」

講 師:「そこでワープ技を使いすぎると(覚えてしまう等)結局、返品や誤処理が入ってたりしたときに訳がわからなくなると思うよ。」

モン吉:「地味にやるしかないんですね。」

講 師:「そうコツコツやろうよ。」

モン吉:「でも念のためですよ。ちょっと決算整理前の金額もやりましょう!!」

講 師:「そうだね。決算整理前の金額が何を意味しているのかを考えておくのはムダにはならないからね。」

モン吉:「お願いします。」

講 師:「じゃあまず、試用品は?」

モン吉:「あれっ。ボクが答えるんですか?」

講 師:「そうだよ。ここには君とボクしかいないじゃないか。」

モン吉:「いや、そういう意味じゃないんですけど。まあいっか。試送品は、そのまま期末です。」

講 師:「それじゃあ仕入は?」

モン吉:「試用品の売上原価です!!」

講 師:「この例では一般販売がなかったけど、一般販売も含めて考えるとどうなるかな。」

モン吉:「えーっと、当期純仕入高と試用品売上原価ですか?」

講 師:「おしい。もう一度仕訳処理を追って考えてごらん。」


仕入:(借)仕   入160 (貸)現   金160

試送:(借)試 送 品160 (貸)仕   入160

意思:(借)売 掛 金120 (貸)試用品売上120

      仕   入 80    試 送 品 80


モン吉:「えーっと、最初のが普通の仕入。2行目が仕入を減らしてますね。」

講 師:「そこだよね。」

モン吉:「これは当期の試送高ですね。」

講 師:「そうだよ。」

モン吉:「最後が試用品の売上原価でした。」

講 師:「それを整理するとどうなるかな?」

モン吉:「えーっと。当期の純仕入−当期試送高+試用品売上原価になります。」

講 師:「そうだね。一連の処理がしっかりしていれば、決算整理前の金額も怖くないよね。」

モン吉:「軽々という感じではないですけどゆっくりならわかりそうです。」

講 師:「最初はゆっくりでいいと思うよ。覚えこんだりするより結果はいいと思うな。」

モン吉:「ちょっとわかりかけてきました。」

講 師:「その調子で次もがんばってね。」

モン吉:「次?次もあるんですか。」

講 師:「ちょっとね。」


モン吉くんと学ぶ試用販売(9)

モン吉くんと学ぼう!!<目次>