(原価率算定上の分子と実際の売上原価)
講 師:「あと、原価率の算出で使った分子の160円は、実際の売上原価じゃないから注意してね。」

モン吉:「どういうことですか?」

講 師:「実際の売上原価は、期末の試用品原価を除いてあげないといけないな。」

モン吉:「ちょっとわかりにくいです。」

講 師:「ちょっと一連の処理を並べて考えてみようか。」


(仕訳処理)
仕入:(借)仕   入160 (貸)現   金160

引渡:(借)試用未収金240 (貸)試用仮売上240

表示:(借)売 掛 金120 (貸)試用売上 120
      試用仮売上120    試用未収金120

決算:(借)繰越商品  80 (貸)仕  入  80


モン吉:「決算整理仕訳が必要でしたね。」

講 師:「そう。対照勘定残に原価率をかけてクーシー(繰商/仕入)だね。」

モン吉:「えーっと、対照勘定残は120円ですけどどうするんでしたっけ?」

講 師:「原価率(0.8/1.2)をかけて80円かな。」

モン吉:「ちょっとわかりにくいです。」

講 師:「いったん一般売価に戻して、これに一般の原価率をかけても同じだよ。」

モン吉:「えーっと、対照勘定残が120円÷1.2で一般売価は100円。一般の原価率(0.8)をかけて80円ですね。」

講 師:「決算整理後の仕入勘定が売上原価だったよね。」

モン吉:「えーっと、仕入勘定をT字で書いて、数字だけ転記してみると、120円−80円で80円が売上原価です。」

講 師:「そのとおりだよ。」

モン吉:「おっ。ボクもなかなかやりますね。」

講 師:「じゃあ、その調子でもう一度ボックス図を書いてもらえるかな?」

モン吉:「おやすい御用です。」


 (ボックス図)
    仕   入
期首商品 0 売上原価160÷(試用売上120+対照勘定残120)÷1.2=0.8

当期仕入160期末商品0


講 師:「この図の売上原価160円に見合う(売上側)には、対照勘定残も入ってるよね?」

モン吉:「そうですね。」

講 師:「だから売上原価からさっき出した期末試用品原価80円を除いてやれば売上原価は出るよね。」

モン吉:「あっ。そうですね。」


(試用品売上との関係)
講 師:「もう一ついいかな。」

モン吉:「いいですよ。」

講 師:「試用販売の原価率がわかるから試用品売上に原価率をかけても売上原価は出るよね。」

モン吉:「そうですね。いろんな求め方があるんですね。」

講 師:「一回でもいいから相互関係を納得しておくと、ちょっと難しい問題でも少しは対処しやすくなるかもしれないね。」

モン吉:「対照勘定法の決算と一連の処理の関係が少しわかった気がします。」

講 師:「あとは問題をたくさん解く必要もあるね。」

モン吉:「がんばります!!」


モン吉くんと学ぶ試用販売(6)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>