講 師:「割賦販売については割賦売掛金(割賦未収金)の整理が大事だね。」

モン吉:「回収とか、未回収がゴチャゴチャになります。」

講 師:「割賦売掛金を勘定図にして整理するといいよね。」


次の記事に整理の仕方がありますので、ご参照ください。

ボックス図による整理


講 師:「ちょっともう一度、ポイントだけ整理しておこう。」


(未実現利益控除法)
  割賦売掛金
期首    回 収×「前期」利益率 → 戻入
      未回収

引渡    回 収
      未回収×「当期」利益率 → 控除


(対照勘定法)
期首    回 収
      未回収×「前期」原価率 → (1)

引渡    回 収
      未回収×「当期」原価率 → (2)

(1)+(2)=期末割賦商品


モン吉:「この関係を頭にたたきこめばいいんですね。」

講 師:「決算整理型のシンプルな問題はそれでいいけど、結局はこういう関係が一連の処理とつながりをもって理解されている必要があるね。」

モン吉:「でも、パターン化して解かないと時間がないです。」

講 師:「単純な問題を解くときはそれでいいと思うんだ。でもいつもそれだけじゃ力がつくとは思えないな。」

モン吉:「じゃあどうすればいいんですか?」

講 師:「まずは一連の処理をしっかりと理解する。それが先だね。」

モン吉:「その後はいろいろ問題を解くけど手前にも戻る感じなんですね。」

講 師:「そうだね。まずは基礎。それがなくて問題の解き方だけ孤立しないように注意しないとね。」

モン吉:「わかりました。がんばってみます。」

講 師:「割賦販売には、対照勘定法の原価率、戻り商品や回収期限到来基準の話もあるけど、また、春先にでもとりあげられたらいいな。」

モン吉:「ぜひお願いします!!」


(エピローグ)
モン吉:「じゃあボクは、いつもニコニコ現金払でバナナを買って帰ります。」

講 師:「それにしてもいつもバナナで飽きないのかい?」

モン吉:「そんなことないですよ。先生だって毎日ごはんなんじゃないですか?」

講 師:「それはそうだけど、おかずもあるし。」

モン吉:「バナナは一本一本が違うんですよ。」

講 師:「一本一本違う?」

モン吉:「色、形、ツヤ。甘さだって一本一本違うんです。」

講 師:「ボクには全部が同じバナナに見えるけど。」

モン吉:「まあ、先生におサルの気持ちはわからないです。」

講 師:「でも、好きなんだからいいさ。」

モン吉:「じゃあ、ボクが余り好きじゃない簿記は好きじゃないからそれなりでいいんですか?」

講 師:「うーん。それは困るな。好きになってもらわないと。」

モン吉:「でもできないし………。」

講 師:「どうしたら好きになってもらえるかボクも考えるよ。」

モン吉:「ボクでも簿記が好きになれるのかなあ?」

講 師:「イヤイヤやってるより楽しんでやれた方がいいからね。モン吉くんなら大丈夫だよ。」

モン吉:「本当ですか?」

講 師:「本当だよ。」

モン吉:「うーん。じゃあがんばってバナナ食べなきゃ。」

講 師:「そう、その調子で毎日バナナ食べないとね、って。んっ。バナナ……。バナナ、かい?」

モン吉:「はい!!!!」


モン吉くんと学ぶ割賦販売(完)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>