(問題)繰延法は企業会計と課税所得計算の何の違いに着目した方法か?

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
税効果会計の方法には、資産負債法と繰延法があります。

繰延法は、企業会計上の収益・費用と課税所得計算上の益金・損金の違いに着目した方法です。

繰延法では、差異の発生時の税率を採用することになります。

税率が変更された場合にも繰延税金資産・負債の再計算をすることはありません。

収益費用アプローチ(収益費用中心観)に通ずる方法といえるでしょう。



財務会計講義<第21版>
・資産負債法と繰延法:226頁


(解答)
収益・費用と益金・損金