(売上高の算出)
講 師:「分記法で注意したいのが、一つは、分記法では帳簿(仕訳→元帳)の上で仕入高や売上高がでていないことだね。」

モン吉:「帳簿上、仕入高や売上高がでていない?」

講 師:「帳簿上は商品勘定を増やしたり減らしたりするんで、仕入や売上の金額がすぐにはわからないよね。」

モン吉:「あっ。それじゃあ損益計算書が書けないですね。」

講 師:「問題で損益計算書をつくれって場合もあるだろうからね。」

モン吉:「じゃあどうすればいいんですか。」

講 師:「ボックス図を利用するといいね。」

モン吉:「どう利用するんですか?」

講 師:「もう一度、条件と仕訳処理を整理しておこう。」


(条件)原価:100円 売価:120円

(当期)期首:なし 仕入:2本 売上:1本 期末:1本

(期中)仕入:(借)商  品200 (貸)現  金 200

    売上:(借)現  金120 (貸)商  品 100
                     商品販売益 20

    決算:なし


講 師:「この条件だと決算整理前の残高試算表は、商品が100円、商品販売益が20円になるよね。」

モン吉:「えーっと、仕訳の金額を転記したのが元帳なんでそうなります。」

講 師:「決算整理型の出題だと資料のスタートがそうなるってことは知っておいて欲しいな。」

モン吉:「えーっと、決算整理型の出題って何でしたっけ。」

講 師:「期中の処理が終わっていて決算整理前の残高試算表と決算整理資料がでている問題だよ。」

モン吉:「だから決算整理前の金額が大事なんですね。」

講 師:「問題だと決算整理前の金額からスタートするからその金額の意味を把握していないとね。」


決算整理前:商品100円 商品販売益20円

(ボックス図)
     仕   入
期首商品  ? 売上原価  ?
当期仕入  ? 期末商品100


モン吉:「あれっ。?マークばっかりですね。」

講 師:「分記法は期末商品と商品販売益はちゃんとわかるけれど他の項目は帳簿上からはわからないからね。」

モン吉:「じゃあ解答できません。」

講 師:「だから実際の出題では期首商品と当期仕入は資料に出てたりするかな。」

モン吉:「それなら残りの?を差額で出せます!!」

講 師:「そうだね。残りの?を差額で出せばいいのさ。」

モン吉:「この問題だとどんな風に出てるんですか?」

講 師:「期首商品は0円、当期仕入は200円ってとこかな。」

モン吉:「それならボクでもボックス図は書けます!!」


(ボックス図)
     仕   入
期首商品  0 売上原価  ?(差額で100円)
当期仕入200 期末商品100


講 師:「そうだね。4つのうちの1つがわからないならそこを差額で出せばいいからね。」

モン吉:「ボックス図は慣れるといいですね。」

講 師:「どんどん自分で書いて慣れるといいと思うよ。」

モン吉:「で、売上はどう出すんでしたっけ?」

講 師:「売上−売上原価=売上総利益。この関係を利用するんだ。」

モン吉:「どうすればいいんですか?」

講 師:「売上原価に商品販売益を足せばいいよね。」

モン吉:「えーっと、売上原価100円+商品販売益20円=120円が売上ですね。」

講 師:「そうだね。ボックス図の売上原価の横に販売益をメモしておくといいかな。」


(ボックス図)
     仕   入
期首商品  0 売上原価100(※差額)販売益20円
当期仕入200 期末商品100


モン吉:「こうしておけば、売上がいくらかはボクでもわかります!!」

講 師:「ボックス図をきちんと整理しておくのが大事だね。」


モン吉くんと学ぶ商品勘定の処理(8)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>