(問題)原価主義とは何か?

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
原価主義は当初の取引金額(取得原価)を貸借対照表価額の決定の基礎とする考え方(基準)です。

資産を原価で評価する考え方ですね。

取得原価主義や取得原価基準ともいいます。

もっとも金融投資は時価で評価しますので、事業投資に限定された考え方といってよいでしょう。

固定資産の取得原価を各期に費用として配分し、損益計算を行います。

資産を取得原価で評価するのは、取得原価を費用として配分し、収益との差引で正しい期間損益計算を行うためといえるでしょう。



財務会計講義<第22版>
・取得原価:82頁


つながる会計理論<第2版>
・3-4 取得原価基準:26頁
・Ch3問題3−7(短答):29頁


(解答)
資産を取得原価で評価する考え方(基準)