【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【要チェックポイント】
(1)個人企業の資本(引出金勘定、資本振替は貸方・資本金)
(2)純資産の部の表示
(3)設立、増減資の会計処理(増資の効力発生は「払込期日」)


【個人企業の資本】
(1)勘定科目……資本金のみ(+引出金)

(2)資本振替
純利益の場合……(借)損  益××× (貸)資 本 金×××
純損失の場合……(借)資 本 金××× (貸)損  益×××

(3)引出金
引出時……(借)引 出 金××× (貸)現金預金×××
決算時……(借)資 本 金××× (貸)引 出 金 ×××


純資産の部の表示
騎主資本
 1.資 本 金
 2.新株式申込証拠金
 3.資本剰余金
  (1)資本準備金
    株式払込剰余金、合併差益等
  (2)その他資本剰余金
    資本金及び資本準備金減少差益、自己株式処分差益
 4.利益剰余金
  (1)利益準備金
  (2)その他利益準備金
    任意積立金、繰越利益剰余金
 5.自己株式
 6.自己株式申込証拠金
局床繊Υ校産抗枦
型軍予約権


【株式会社の設立・増資・純資産の部の計数の変動の会計処理】
(1)設立
※払込期日を設けた場合
(ア)募集時……………処理なし
(イ)申込取扱期間……現金預金   ××× 新株式申込証拠金×××
(ウ)払込期日…………新株式申込証拠金××× 資 本 金 ×××

(2)資本金の増加(増資)
(借)現金預金××× (貸)資 本 金××× ←払込価額の1/2以上

(3)株主資本の計数の変動
※資本金・資本剰余金間、利益剰余金間の変動が可能で、資本金・資本剰余金と利益剰余金との間では認められていません。
(イ)資本金・資本剰余金間の変動
例:準備金・その他資本剰余金の資本組入
(借)資本準備金××× (貸)資 本 金×××
   その他資本剰余金

(ロ)利益剰余金間の変更
例:利益準備金の取崩し
(借)利益準備金××× (貸)繰越利益剰余金×××

(4)株式分割
株式数の増加のみを認識する


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
基礎 基礎編36(○)
基礎 基礎編38(○)
基礎 基礎編39(○)
基礎 ○×編37(○)
基礎 ○×編38(○)
基礎 ○×編39(○)
基礎 ○×編40(○)



平成20年 簿記論講座<一覧>