(問題)個別的対応とは何か。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
収益と費用の因果関係を有する対応関係には、「個別的対応」と「期間的対応」があります。

「個別的対応」は、商品や製品などを媒介にした収益と費用の対応関係をいいます。

売上高と売上原価は、商品販売により同時に発生し、両者の対応関係は個別的・直接的です。

売上高は、対外的な取引高そのものであるのに対して、売上原価はこれに見合う金額として計算されることになります。

具体的には、売上高は対外的な取引高として計算されますが、売上原価は売上高に対応する金額として以下のように計算されます。

(商業)売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高

(工業)売上原価=期首製品棚卸高+当期製品製造原価−期末製品棚卸高


個別的対応は、収益と費用がひも付きの関係にある対応関係といってよいでしょう。

原価計算をした製品と製造原価の関係が典型であることからプロダクト的対応などとも呼ばれます。

棚卸資産に関する中心的な収益と費用の対応関係といえるでしょう。



財務会計講義<第22版>
・対応原則:75頁


つながる会計理論<第2版>
・4-6 費用収益対応表示の原則:36頁
・Ch4問題5−3(空欄補充):43頁
・Ch4問題7−10(個別的対応とは?):43頁


(解答)
収益と費用の生産物などを媒介にした対応関係