講 師:「あと1点、注意したいのがボックス図の売上高だね。」

モン吉:「どう注意するんですか。」

講 師:「売上高を出すときは、総売上高から売上返品だけを控除した金額を使うんだ。」

モン吉:「純売上高ですね。」

講 師:「いや、純売上高じゃないんだ。値引や割戻は引かないんだ。」

モン吉:「値引や割戻は引かないんですか?」

講 師:「そうなんだ。損益計算書の売上高(純売上高)からみると値引や返品を足すことになるね。」

モン吉:「どうしてですか?」

講 師:「ボックス図の借方の売価は販売前の金額を使っているからね。貸方の金額も販売前じゃないとおかしいよ。」

モン吉:「うーん。ちょっとわかりません。」

講 師:「具体的に考えてみよう。」


期首1個 原価 80円
期首1個 売価100円
当期1個 原価 80円
原始値入額   20円
売上1個 売価100円
売上値引・割戻 10円
期末1個 売価100円


講 師:「こんなケースで状況は大丈夫かな?」

モン吉:「期首に原価80円、売価100円の商品が残っていた。原価80円の商品を仕入れて、20円の値入額だから当初の売価は100円です。」

講 師:「そうだね。その100円で販売した後に10円の値引・割戻をしたケースだ。」

モン吉:「期末に残っているのは当初の売価が100円の商品ですね。」

講 師:「この場合の売価還元法の原価率は何%かな?」

モン吉:「えーっと。分子と分母を出して、分子÷分母っと。」


分子:期首原価80円+当期仕入80円=160円
分母:期首売価100円 当期仕入80円+原始値入額20円=200円
分子÷分母=80%


モン吉:「80%です。」

講 師:「売価還元法の原価率には、売上値引・割戻はそもそも影響しないんだね。」

モン吉:「あっ。そうですね。なんか不思議です。」

講 師:「連続意見書方式は、借方方式だから貸方(売上)の調整項目(売上値引・割戻)は影響しないんだね。」

モン吉:「あっ。そういえばそうですね。」

講 師:「それじゃあ減耗を確認しよう。」

モン吉:「この問題では減耗はありません!!」

講 師:「そうなんだけどちょっと売価でボックス図を書いてごらん。」


     仕入(商品)
期首商品100  売  上100

当期仕入100  期末商品100


講 師:「全部100円なんだけど、この売上100円は、売上値引・割戻を引いたらおかしいよね?」

モン吉:「そうですね。期末が110円ってことになってしまいます。」

講 師:「ボックス図の上での差引をするときには売上値引や割戻は売上から引いちゃいけないってことなんだ。」

モン吉:「借方とバランスがとれなくなるんですね。」

講 師:「そうなんだ。このバランス。対応関係をきちっとさせるのが大事だよ。」

モン吉:「今は大丈夫なんですけど、問題をとくときにはまた忘れていそうです。」

講 師:「本試験や模試なんかではじっくりと考えている時間はないからね。」

モン吉:「そうです。制限時間内にたくさん問題をとかなきゃいけないんですよ。」

講 師:「でも、それ以前の段階ではじっくり考える機会もつくらないとね。」

モン吉:「大事な項目だけでいいんでしたね。」

講 師:「そう。大事な項目だけはちゃんとしたゆっくりを大事にする必要があると思うよ。」

モン吉:「そんなもんかなあ。」

講 師:「一度はじっくり理解して、あとは死ぬほど問題をとく。それでいいんじゃないかな。」

モン吉:「じゃあ、問題で確認しましょう!!」

講 師:「ごめんね。モン吉くん、問題を用意してないんだ。各自、棚卸減耗のある問題を解いてもらうってことで勘弁してもらおう。」

モン吉:「自称日本一の簿記ブログがなさけないなあ。」

講 師:「面目ない(んっ。なんか押されてるぞ)。」


モン吉くんと学ぶ売価還元法・応用編(4)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>