(モン吉くんピンチ!!)
講 師:「おやおや、なんか元気がないなモン吉くん。どうしたんだい?」

モン吉:「売価還元法はわかったつもりだったんですが………。」

講 師:「むずかしい問題にぶつかったのかな?」

モン吉:「棚卸減耗を出す問題がありました。これはボクにはお手上げです。」

講 師:「そんなこといわないでがんばろうよ。」

モン吉:「でもボクにはむずかしいなあ。」

講 師:「モン吉くんならできるさ。」

モン吉:「ホントですか?」

講 師:「もちろんだよ。」

モン吉:「でも解説を読んでも式がズラズラでているか図が書いてあってとても複雑そうです。」

講 師:「またじっくりやろうじゃないか。」

モン吉:「がんばってみます!!」


(連続意見書方式の特徴)
講 師:「もう問題には出くわしたようだけど連続意見書方式は、棚卸減耗を把握できるんだね。」

モン吉:「これはパスはダメですか?」

講 師:「パスしちゃダメだよ。税理士試験だけじゃなくて、日商一級でも出題が想定されるからね。」

モン吉:「どうして連続意見書方式だと棚卸減耗を把握できるんですか?」

講 師:「仕入勘定でいうときちんと借方側(インプット側)を把握しているから棚卸減耗の売価も把握できるんだ。」

モン吉:「もう何をおっしゃてるのやらチンプンカンプンです。」

講 師:「ゴメン、ゴメン。もう少しゆっくりやろうね。」

モン吉:「ゆっくりお願いします。」

講 師:「連続意見書方式の売価還元法では棚卸減耗が把握できるんだけど、その説明の前にボックス図を確認しておこう。」


(ボックス図)
モン吉:「ボックス図って何ですか?」

講 師:「仕入(商品)勘定を図にしたものだよ。」

モン吉:「仕入勘定を図に?」

講 師:「正確にいうと商品の増減の動きを図にしたものっていった方がいいかな。」

モン吉:「具体的にはどう書くんですか?」

講 師:「次の感じかな。」

   仕入(商品)
期首商品  売上原価

当期仕入  期末商品

モン吉:「こ、これは図ですか?」

講 師:「申し訳ない図が書けないんだ。」

モン吉:「でも、これって商品販売とかのときにテキストによく書いてあります。」

講 師:「それをあてにしよう。」

モン吉:「そんな他人まかせでいいんですか。」

講 師:「大事なのは図そのものじゃないんだ。その図にあらわされてる考え方だからね。」

モン吉:「なんかだまされてる気がするなあ。」


モン吉くんと学ぶ売価還元法・応用編(2)


モン吉くんと学ぼう!!<目次>