(問題)重要性の原則の適用例を1つあげよ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
重要性の原則は、重要性の乏しい項目に対する簡便な処理を容認する原則です。

重要性の原則の適用例には、重要性の乏しい貯蔵品の買入時又は払出時の費用処理などがあります。

重要性の原則の適用例を簡単におさえておきましょう。

企業会計原則注解1には、次の項目があげられています。

1.消耗品、消耗工具器具備品その他の貯蔵品等のうち、重要性の乏しいものについては、その買入時又は払出時に費用として処理する方法を採用することができる。

2.前払費用、未収収益、未払費用及び前受収益のうち、重要性の乏しいものについては、経過勘定項目として処理しないことができる。

3.引当金のうち、重要性の乏しいものについては、これを計上しないことができる。

4.たな卸資産の取得原価に含められる引取費用、関税、買入事務費、移管費、保管費等の付随費用のうち、重要性の乏しいものについては、取得原価に算入しないことができる。

5.分割返済の定めのある長期の債権又は債務のうち、期限が一年以内に到来するもので重要性の乏しいものについては、固定資産又は固定負債として表示することができる。


かつては税理士試験で重要性の原則は頻出でした。

近年ではほとんど出題されていません。

注解一の例文を覚えたりする必要はありません。

代表的なものを保険的に拾っておけば十分でしょう。



(会計基準等)
・企業会計原則 注解一


財務会計講義<第21版>
・重要性の原則:65頁


つながる会計理論
・Ch2問題7−12(重要性の原則の適用例を1つ示せ):23頁


(解答)
貯蔵品の買入時費用処理等