(問題)会計方針とは何か。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
「会計方針」とは、企業が採用した「会計処理の原則及び手続」です。

従来は、会計処理の原則・手続と表示方法を併せて会計方針としていました(企業会計原則注1−2)。

会計上の変更・誤謬基準では、表示方法を会計方針とは区別しています。

会計方針は、表示方法を含まず、会計処理の原則・手続のみを指す点に注意しましょう。

重要な会計方針は、財務諸表に注記します。

かつては理論で出題されたこともあり、計算で具体的な記載内容が出題されることがあります。

具体的な会計方針の例には、有価証券の評価基準(時価法等)及び評価方法(移動平均法等)等があります。



(会計基準等)
・会計上の変更・誤謬基準4(1)
・企業会計原則 注解1の2


財務会計講義<第22版>
・明瞭性の原則:62頁
・重要な会計方針の注記:313頁


つながる会計理論<第2版>
・2-6 会計方針と後発事象:15頁
・Ch2問題3−8:19頁(会計方針とは?)
・19-2 会計方針の変更:193頁
・Ch問題1−1(空欄補充):193頁
・Ch問題3−1(会計方針とは?)


(解答)
会計処理の原則・手続