(問題)資本取引と損益取引の区別はなぜ必要か?

(解答)
適正な期間損益計算のため


(コメント)
資本取引と損益取引の区別は、適正な損益計算を行う上で不可欠です。

資本取引は、株主との直接的な取引であり、損益取引のみが利益計算に影響します。

純資産(株主資本)の変動があったといっても資本取引を損益計算に影響させてはならず、損益取引の結果のみで利益計算が行われます。


(会計基準等)
・企業会計原則 一般原則三


財務会計講義<第13版>
・資本と利益の区別の原則:63頁
・剰余金区別の原則:255頁


(関連問題)
問題24(資本取引の意義)
問題25(損益取引の意義)