(問題)資本取引とは何か。

(解答)
期首自己資本(株主資本)の直接的増減取引


(コメント)
資本取引とは、株主との間における期首株主資本の直接的増減取引をいいます。

典型が増資や減資取引です。

利益計算は資本取引の影響を排除して行われます。

包括利益は、資本取引以外の純資産の変動額です。

純利益は、資本取り費い以外の株主資本の変動額です。

資本取引により純資産(株主資本)が変動しても利益計算に影響はありません。

その意味で資本取引を確定することは極めて重要です。


(会計基準等)
・企業会計原則 一般原則三


財務会計講義<第13版>
・資本と利益の区別の原則:63頁
・剰余金区別の原則:255頁