資本維持の本質に迫るモン吉くんの大冒険(←まあ、迫れんでしょ←ウッキッキー=失礼な)。

これまでのお話はこちらです。

モン吉くんの大冒険(1)
モン吉くんの大冒険(2)
モン吉くんの大冒険(3)
モン吉くんの大冒険(4)
モン吉くんの大冒険(5)


モン吉くんの行動を仕訳で考えています。

物価が倍になったことを考慮してみましょう。

(2)市場で100円でバナナを買う。
(ここで物価が倍)
(3)スーパーで400円でバナナを売る。
(4)一休み
(5)自分のバナナ(200円)とチョコボール(100円)を買って食べる。


(2)仕入:(借)仕  入100 (貸)現  金100

(ここで物価が倍)

(3)売上:(借)現  金400 (貸)売  上400

(4)決算:(借)損  益100 (貸)仕  入100
      (借)売  上400 (貸)損  益400
      (借)損  益300 (貸)資 本 金300

(5)引出:(借)資 本 金300 (貸)現  金300


モン吉くんは、チョコボールを買うべきではありませんでした。

しかし、その理由は、上記の仕訳処理からは必ずしも判然としません。

モン吉くんは、なぜチョコボールを買うべきではなかったのでしょうか。

それはチョコボールを買って、お金を使ってしまうことにより、次のバナナを買うことができなくなるからです。

でも当初の資本(お母さんからもらった100円)はきちんと残して(維持して)います。

それなのにうまくいかないのは何故でしょうか。

それは維持すべき(使わない必要があった)金額が単純な額面100円ではなくなってしまったからです。

維持すべきだったのは、前と同様の活動を繰返すことができる資本でなければならなかったのです。


ただの額面だけの資本維持は、名目資本維持と呼ばれます。

お金のただの表面の金額(名目)だけに注目したのが名目資本維持です。

しかし、名目資本維持は、モン吉くんの例をみてもわかるように物価変動に対して無力です。

名目的な金額(100円)を維持する(使わない)だけでは物価変動時に本当の意味での資本の維持を図ることはできません。

この場合の本当の意味での資本維持を名目資本維持に対して、実体資本維持や実質資本維持といいます。



モン吉くんの大冒険(7)