(問題)財務会計の機能を2つあげよ。

(解答)



















(1)情報提供機能
(2)利害調整機能


(コメント)
情報提供機能は、投資者の投資判断に役立つ情報を提供する機能です。

利害調整機能は、利害の対立した利害関係者間の利害を調整する機能です。



情報提供機能は、投資者の投資意思決定のために情報を提供する機能です。

投資者は、様々な情報を元に将来の株価を予想し、投資判断(売り買い)を行います。

投資家の投資判断の材料となる情報の一つが会計情報です。

このような投資者の投資意思決定に役立つ情報を提供することが財務会計には求められています。

今日の企業会計では、この情報提供機能にスポットがあてられることが多くなっています。

金融商品取引法会計で念頭に置かれている会計の機能です。



株主は企業に資金を出します。

企業はこれを受け入れますが、無制限にこれを使ってよい訳ではありません。

企業には株主から受入れた財産をしっかりと管理し、そして上手に使って、むしろ増やして配当という形で株主に還元すべきでしょう。

たくさん配当できるかは経営に依存するのでうまくいくとは限りません。

しかし、少なくとも株主から預かった財産をしっかりと守るべきでしょう。

このような株主から受入れた財産をきちんと守る義務を「受託責任」といいます。

受託責任をきちんと果たしているかを株主にきちんと説明する義務が「会計責任」です。

会計責任は、株主総会で報告を行うことによって果たされます。

このための手段が財務諸表です。

経営者と株主、株主と債権者といった異なる利害関係者の間の利害を調整する機能が利害調整機能です。

会社法会計で念頭におかれている機能といえるでしょう。


財務会計講義
・財務会計の機能:5〜12頁


(関連問題)
問題6(会社法会計の中心的利害関係者)
問題7(金商法会計の中心的利害関係者)