「モン吉くんの大冒険」つづきです(←って、タイトル変ってるし)。

モン吉くんに起った悲しい出来事とは一体何でしょうか。


以前のお話は、こちらです。

モン吉くんの大冒険(1)



モン吉くんは以前にも悲しい思いをしています。

それは幼い頃にお父さんを亡くし、そしてつい先日、たった一人の肉親であるお母さんを見送ったのです。

話は、さかのぼります。



母:「モン吉や、お母さんはもうダメかもしれない。」

モン吉:「お母さーん。」

母:「いいかい、モン吉。よくお聞き。

ここに100円玉が1枚ある。

お前はこの100円で近所の市場へ行ってバナナを買いなさい。

そしてそのバナナをあの山の向こうのスーパーに200円で売るんだよ。

でもスーパーは遠いからね。

1日に1度しか行けないよ。

そのうちの100円でまた市場でバナナを買いなさい。

そしてそのバナナを食べるんだ。

100円1枚は必ず残すんだよ。

その100円で買ったバナナをまた売れば、ずーっとバナナを食べられるからね。

いいかい、必ず100円は残して寝るんだよ。

いいかい、モン吉。わかったね。」


そういい残すとお母さんは静かに息を引取りました。


モン吉:「ウッキッキー」


モン吉くんの泣き声は、いつまでも山々にこだまし続けました。


いや、話が戻ってますが。



モン吉くんの大冒険(3)