(問題)金融資産の消滅の認識における考え方を2つ示せ(金融商品会計基準の考え方を先に示すこと)。

(解答)
(1)財務構成要素アプローチ
(2)リスク・経済価値アプローチ




(コメント)
財務構成要素アプローチは、部分移転を認めるバラバラアプローチです。

金融資産・負債に適用されます。

リスク・経済価値アプローチは、部分移転を認めない全部アプローチです。

資産・負債の一部が移転しただけでは、全部の移転を認めません。

金融資産・負債以外に適用されます。



(会計基準)
・金融商品に関する会計基準57項


財務会計講義<第13版>
・なし