(問題)金融資産の発生の認識が行われるのはいつか。

(解答)



















契約締結時


(コメント)
商品販売取引の発生の認識は、商品の引渡時に行います(引渡基準)。

これに対して、金融資産の発生の認識(借方:金融資産)は、契約締結時に行います。

有価証券等の金融資産の契約が成立することを約定といい、有価証券の売買契約の段階で有価証券の発生(消滅)を認識する方法を約定日基準といいます。

特例として期中は引渡基準と同様に処理しておき、決算で差額のみの結果を約定日基準に合わせる方法(修正引渡日基準)が認められています。


(会計基準)
・金融商品に関する会計基準7項


財務会計講義<第13版>
・購入による場合:96頁