(問題)貸借対照表における総額主義の例外を示せ。

(解答)
解答は一番下です。



(コメント)
貸借対照表の総額主義の原則は、貸借対照表における資産と負債・純資産の相殺を禁じる原則です。

貸借対照表には、資産と負債を相殺して表示することは認められません。

例外として繰延税金資産と繰延税金負債については、常に相殺して表示します。

繰延税金資産と繰延税金負債の本質は、それぞれ前払税金・未払税金の性格を有しています。

いずれも対象が国等に限定される法人税等について、前払と未払をそれぞれ総額で表示する実益に乏しいといえるでしょう。



(会計基準)
「税効果会計に係る会計基準」第三2


財務会計講義<第22版>
・229頁


つながる会計理論<第2版>
・Ch1問題3−9(短答):39頁


(解答)
繰延税金資産と繰延税金負債の相殺表示