(問題)委託販売における例外的収益認識時点はいつか。

(解答)
(コメント)
委託販売における原則的収益認識基準は、受託者が受託品を販売した日です。

通常の商品販売における「販売基準」と同様です。

しかし、委託販売では、委託者は受託者における受託品の販売を直接確認できません。

そこで仕切精算書(売上計算書)の到着をまって収益を認識することが認められています。

このような収益認識基準を「仕切精算書到着日基準」といいます。

仕切精算書が販売のつど(一定の期間ごとに)送付されていることが要件になります。

なお、収益認識基準では履行義務の充足(資産の移転)を収益認識の時期としていますので、仕切計算書到達日基準の適用はありません。



(会計基準)
・企業会計原則 注解6(1)


財務会計講義<第21版>
・委託販売:135頁


つながる会計理論
・6-2 特殊商品販売における収益の認識:55頁
・Ch6問題6−1(正誤):61頁
・Ch6問題7−1(委託販売の例外的な収益認識時点は?):63頁


(解答)
仕切精算書(売上計算書)到着日