(問題)費用収益の個別的対応の例を損益計算書の表示科目で示せ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
費用収益の対応関係には「個別的対応」と「期間的対応」があります。

個別的対応は、生産物を媒介とした直接的対応を意味し、期間を媒介とした間接的対応が期間的対応と呼ばれます。

個別的対応(直接的)対応の典型が売上高と売上原価です。

その他に売上高と直接販売費との関係などがあげられます。

売上高と売上原価は、商製品の販売と同時に発生し、両者の対応関係は、明確、かつ、強固です。

個別的対応の例はそれほど多くありませんが、その他に直接販売費などがあげられます。

直接販売費の例としては、商品の販売量に応じた販売手数料などがあります。

商品を1個販売したら手数料を@10円支払うといったタイプの販売手数料です。

個別的対応は、プロダクト的対応などともいわれます。

典型的な売上高と売上原価の関係を中心に費用収益の対応形態については記述にも耐えられるようにしておきましょう。



財務会計講義<第21版>
・対応原則:75頁


つながる会計理論
・4-6 費用収益対応表示の原則:36頁
・Ch4問題5−3(空欄補充):41頁
・Ch4問題7−11(個別的対応の例は?):43頁


(解答)
売上高と売上原価