(問題)費用収益対応の原則にいう対応形態を2つあげよ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
費用収益対応の原則にいう対応形態には、「個別的対応」と「期間的対応」があります。

「個別的対応」とは、商品や製品等の生産物を媒介にした個別的(直接的)対応を意味します。

個別的対応は、プロダクト的対応などとも呼ばれます。

個別的対応の例には、売上高と売上原価や直接販売費との関係があります。

売上高と売上原価は商製品を媒介として同時に発生し、両者の対応関係は、個別的、かつ、直接的です。

金額的に大きいものの、種類としてはそれほど多くはありません。

「期間的対応」とは、期間を媒介とした間接的対応を意味します。

期間的対応の例としては、売上高と直接販売費以外の販売費及び一般管理費との関係があります。

この他に特に因果関係を有するわけではない取引の同質的対応もありますが、因果関係のある対応関係を2つ示す方がよいでしょう。



財務会計講義<第21版>
・対応原則:75頁


つながる会計理論
・4-6 費用収益対応の原則:36頁
・Ch4問題5−3(空欄補充):41頁
・Ch4問題7−9(費用と収益の因果的な対応関係の種類は?):1頁


(解答)
(1)個別的対応(直接的対応)
(2)期間的対応