(問題)費用収益対応の原則にいう対応形態を2つあげよ。

(解答)
(1)個別的対応(直接的対応)
(2)期間的対応



(コメント)
費用収益対応の原則にいう対応形態には、生産物を媒介にした個別的(直接的)対応と期間的対応があります。

個別的対応の例としては、売上高と売上原価や直接販売費との関係があげられます。

期間的対応の例としては、売上高と直接販売費以外の販売費及び一般管理費との関係があげられます。


財務会計講義<第13版>
・対応原則:75頁