(問題)損益法による利益計算方式を算式で示せ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
損益法は、財産のフロー(流れ)に着目した利益計算方法です。

一会計期間の収益から費用を控除して純利益(当期純利益)を計算します。


収益−費用=純利益


純利益は、財産法的には、資本取引以外による株主資本の変動額ということもできます。

増資等の資本取引以外で株主資本が増えた分が純利益ってことですね。

概念フレームワークでは、純利益を包括利益のうちリスクから解放された部分と財産法的に定義しています。

これは純利益を収益と費用の側から定義することが難しいと判断したためです。

実際の損益計算は、あくまでも損益法により「収益−費用」で行います。

なお、単に利益計算といった場合は、純利益(当期純利益)を指すと考えましょう。



財務会計講義<第22版>
・損益法と財産法:42頁


つながる会計理論<第2版>
・1-6 損益計算の意味と方法:2頁


(解答)
収益−費用