(問題)企業会計の基礎的前提としての会計公準を三つあげよ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
「会計公準」」とは、企業会計の基礎的な前提をいいます。

一般的な会計公準として、企業実体の公準、会計期間の公準、貨幣的評価の公準があります。


(1)企業実体の公準とは、企業をその計算単位とする公準をいいます。

企業会計の場所的な限定といわれたりしますが、対象となる企業の活動を記録・報告するというごくあたりまえの前提です。

直接的に試験に出題される可能性は低いでしょう。


(2)会計期間の公準とは、企業会計が期間を区切って行われる前提をいいます。

このような前提が置かれるのも企業が少なくとも清算を前提とせず、継続的・永続的な企業活動を目指しているからであり、ことからこの公準は、「継続企業の公準」と呼ばれることもあります。

企業活動が継続するからこそ期間計算を行う必要があり、企業の支出も費用として配分されます(費用配分の原則)。

有形固定資産における費用配分の具体的な手続が減価償却です。


(3)貨幣的評価の公準とは、企業会計が貨幣(我国では円)をもって行われる公準をいいます。

貨幣的な評価ができない項目は、会計記録の対象にもなりません。



(過去出題との関係)
・平成11年に会計公準を3つあげてそれぞれ説明させる出題がありました。
・平成25年に継続企業の公準を25点のテーマに置いた出題がありました。


財務会計講義<第22版>
・会計公準:56頁〜


つながる会計理論<第2版>
・2-1 会計公準
・Ch2問題6−1(正誤)


(解答)
(1)企業実体の公準
(2)会計期間の公準(または継続企業の公準)
(3)貨幣的評価の公準