(問題)会社法会計で重視される利害関係者は誰か。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
会社法では、株主が出資額を限度として有限で責任を負う「有限責任制」がとられています。

法的な会社の所有者は株主ですが、株主は自分が出したお金以上には責任をとる必要はなく、株主は、有限責任制により守られている面があります。

そのため会社法で保護すべきなのは、どちらかといえば債権者といってもよさそうです。

より具体的に債権者保護の考え方があらわれている規定に「分配可能額」があります。

株主に無制限に配当等を認めてしまうと過大な配当等がされ、会社財産がなくなって、債権者への支払いが困ることもあるかもしれません。

そんなことがないように分配可能額(配当等ができる限度額)が会社法で定められています。



財務会計講義<第22版>
・株式会社制度の特徴:5頁


つながる会計理論<第2版>
・26-2 会社法会計の目的と計算書類の種類
・Ch26問題1−2(空欄補充)
・Ch26問題3−3(会社法会計で保護される利害関係者は?)
・Ch26問題4−1(番号選択)


(関連問題)
問題2(制度会計の意義)
問題3(制度会計の種類)
問題4(計算書類)


(解答)
債権者