(問題)会社法会計における計算書類を列挙せよ。

(解答)
解答は一番下です。


(コメント)
会社法会計における財務諸表が「計算書類」です。

具体的な計算書類には、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表の4つがあります。

計算書類の名称は、おさえておきましょう。


計算での出題は、この計算書類(特に貸借対照表と損益計算書)の作成が中心になります。

会社法435条は、2項以外も含めて確認しておきましょう。

この計算書類に事業報告、附属明細書を合わせて「計算書類等」といいます。



(会計基準等)
・会社法435条第2項
・会社計算規則第91条


財務会計講義<第22版>
・図表12−2 法定された財務諸表:290頁
・計算書類291頁


つながる会計理論<第2版>
・26-2 会社法会計の目的と計算書類の種類:263頁
・Ch26問題1−2(空欄補充):265頁
・Ch26問題3−9(会社法会計における計算書類は?):267頁


(解答)
(1)貸借対照表
(2)損益計算書
(3)株主資本等変動計算書
(4)個別注記表